Web

Google広告認定資格セミナーに参加!試験の概要から勉強方法まで解説

こんにちは、たっちゃん(@nemu_nature)です。

みなさんはGoogle広告(元:Google AdWords)を使って広告運用をした経験はありますか?

実は、Google広告には公式の認定資格があります。
これを受けることでGoogle partnerバッジを取得できたり、合格すれば、広告運用の専門知識をもっているという証明にもなります。

つい先日、六本木で開催されたGoogle広告認定資格セミナーに参加してきました。

そこで今回は、Google広告の認定資格の概要や認定試験の勉強方法についてわかりやすく説明していきます。

本記事の内容

・Google広告認定資格セミナーの体験談
・Academy for Adsで認定試験を受ける方法
・認定試験の問題や対策について

Google広告の認定試験とは

Google広告の認定資格は、Google広告に関する基礎知識から応用知識、実際の広告運用スキルや考え方をマスターしている人をGoogleが公式に認定するための試験です。

オンラインで受験可能なGoogle広告認定試験に合格し、Google広告の認定資格を取得することで、様々な場面でスキルの証明に役立ちます。

Google広告の認定試験には以下のような6つのテストがあります。

・AdWords基礎 
・検索広告
・ディスプレイ広告
・モバイル広告
・動画広告
・ショッピング広告

この6つの試験の中から、AdWords基礎とその他2つの試験を受けて、合計で3つの試験に合格することができたら、認定資格を取得することができます。

理解度テストの概要

理解度テスト 合格ライン 制限時間
AdWord基礎
80%
90分
検索広告
80%
120分
ディスプレイ広告
80%
120分
モバイル広告
80%
90分
動画広告
80%
90分
ショッピング広告
80%
90分

設問数は、それぞれの課目によって若干異なります。制限時間は基本90分で、検索広告とディスプレイ広告の2つのみ120分となっています。
いずれの試験も正解率80%以上で合格となります。

もし試験に不合格になったとしても、1日後に再受験をすることができます。
問題の答えを確認することはできませんが、自分が間違えた問題については試験結果送信後の画面に表示されます。
次の受験までに、学習ガイド等を参考に、どこが間違いだったのかをしっかり復習しておきましょう。

ここで一つ注意ですが、試験の仕様上、AdWords基礎に合格していないと、他の試験を受けることはできないようになっています。
そのため、まず始めはAdWords基礎の勉強から始めましょう!

学習方法については、のちほど説明します。

Google広告認定資格セミナーに参加してきた

先日、六本木のGoogleオフィスで開催されたGoogle広告の認定資格セミナーに参加してきました。

セミナーの概要

1日目は、AdWords基礎のみのセミナー、2日目は検索広告とディスプレイ広告についてのセミナーが実施されました。

セミナーの時間は、どの課目も2~3時間ほどでした。2日目は、1日で2つの課目の説明を受けたので少し大変でした
セミナーの雰囲気はとても穏やかで、Googleの専門スタッフの方が丁寧に説明をしてくれます。

ちなみに、Google広告の認定試験は、セミナーを受けなくても受験することができます。
しかし、広告運用に携わった経験がない人は、ぜひセミナーを受けることをおすすめします。というのも、広告運用の経験がない人が独学で学ぶには、少しハードルが高い試験内容になっています。
セミナーでは、Googleの公式サイトには掲載されていていない練習問題やテスト対策についても詳しく説明して頂けるので、初心者でもスムーズに勉強することができます。

※Googleセミナーに関する資料等の写真撮影は禁止なので、写真の掲載はできませんがご了承ください。

セミナーやイベントに関する詳細は、以下のGoogle Partnersのページから確認してください。

Google広告の認定試験の受験方法

理解度テストの受験にあたり、まずは、Academy for Adsアカウントを取得する必要があります。

Academy for Adsのアカウントを入手出来たら、無料で受けられる「認定資格理解度テスト」と試験勉強のためのラーニングパスにアクセスすることができます。
遠方の方などで、セミナーに参加せずに試験を受けたいという人は、ラーニングパスを使ってしっかり準備をしておきましょう。

勉強方法については、次で説明します。

Google広告の認定試験の勉強法

認定試験の勉強は、Google Partnersヘルプの「理解度テストの学習ガイド」を使って行います。
自身のAcademy for Adsアカウントからアクセスすることもできます。

繰り返しにはなりますがs、Google広告の認定試験は、実際に広告運用をしたことがない人にとっては少々難しい内容になっています。
また、出題範囲も幅広く、過去問題や練習問題は開示されていないので、理解度テストの学習ガイドを隅々までしっかり勉強することが合格への近道です。

認定資格の有効期限について

Google広告の認定資格は、資格取得後1年となっています。
資格取得後1年が経つと取得した認定資格はなくなります。改めて認定資格が欲しい場合は、再度テストを受験して試験に合格する必要があります。

1年経つと資格がなくなるというのは、なかなか厳しい規定ですが、Googleのシステムは度々アップデートされるので、常に勉強を続ける姿勢でいましょう。

まとめ

いかがでしたか?
本記事では、以下の内容についてご紹介しました。

・Google広告認定資格セミナーの体験談
・Academy for Adsで認定試験を受ける方法
・認定試験の問題や対策について

Google広告の認定資格は、Google公式が認定している資格です。資格の取得は少し大変かもしれませんが、取得する価値は十分にあると思います。

今後、Google広告をつかって広告運用をしてみたいと思っている人や、広告代理店で働いていて広告運用に関する知識やスキルを高めたいと思っている方はぜひチャレンジしてみてください。

ABOUT ME
たっちゃん
たっちゃん
都内ITベンチャーでWebメディアの運営責任者をしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です