ブログ運営

簡単!初心者がエックスサーバーでWordPressブログを開始してみた!

こんにちは!たっちゃん(@nemu_nature)です!

エックスサーバーを借りて、WordPressブログ『LACKMONEY』を作りました。

今回は、実際にエックスサーバーを借りてブログを立ち上げるまでの流れをわかりやすく説明していきます。

エックスサーバーに申し込む

まずは、エックスサーバーに申し込みをします。
右下の「お申し込みはこちら」というオレンジのボタンをクリックしてください。

エックスサーバーの公式サイト

サーバー新規お申し込み

次に、「サーバー新規お申込み[無料お試し10日間]」というボタンをクリックします。

次はサーバーIDを決めます。
ちなみに僕は「xsrv2018」にしました(好きな英数字でOK)。

プランは、もっともリーズナブルな「X10」で大丈夫です。
特に、ブログ初心者の方、副業ブログで稼ぎたい方は「X10」以外のプランは必要ありません。


こちらはプラン「X10」の詳細です。
初回契約時のお支払い料金が記載されています。

サーバーを選んだあとは、メールアドレスを記入します。

その他、住所などの必須事項を記載します。

最後に「「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する」にチェックを入れて「お申し込み内容の確認」をクリックします。

お申し込み確認

確認ができたら「お申し込み」というオレンジのボタンをクリックします。

以上で、完了です。
設定したメールアドレスに完了メールが届いていると思います。

メールが届いた

メールが届いたら、記載されているユーザーアカウント情報の「会員ID」「パスワード」をチェックします。

ログイン

チェックができたら「インフォパネル」のURLをクリックします。
※公式サイトからもログイン可能です。

エックスサーバー「インフォパネル」

会員IDとパスワードを入力しログインします。

料金のお支払い

ログインすると、インフォパネルに入ります。
※インフォパネルは、エックスサーバーの管理画面です。

10日間の「お試し期間」中は、ドメインの設定ができません。
独自ドメインをすぐに設定してWordPressをインストールしたい場合は、先に料金の支払いを済ませます。

今回は、すぐに料金を支払いして、手続きを進めました。
※すぐに料金を支払いしても10日間の無料サービスはなくならないので、問題はありません。

料金の支払い手続きは左メニューから行います。
「料金のお支払い」をクリックします。

サーバーご契約一覧にチェックを入れ、期間を選択します。

契約期間とお支払い料金


期間が長いほど、料金は安くなります。
初めてブログを書くというのであれば、とりあえず12ヶ月のプランで良いと思います。
支払いは、一括前払いなので、注意してください。

次は、支払い方法を選択します。
以下の4種類の支払い方法があります。

・「銀行引き落とし」
・「クレジットカード」
・「コンビニ払い」
・「ペイジー」

※自動引き落とし設定も可能です。
契約の更新を忘れてしまうとブログが表示されなくなるので、自動引き落とし設定をしておくことをおすすめします。

今回は、手間がかからない「クレジットカード」で支払いをしました。

「クレジットカード決済へ進む」をクリックします。

カード番号などの必要事項を入力して、「カードでのお支払い(確認)」をクリックします。

これで料金のお支払いは完了です。

独自ドメインを申し込む

次は、サイトに使う独自ドメインを申し込みします。

今回はキャンペーン期間中だったので、無料でドメインを取得できました。
※定期的にキャンペーンがされているので、チェックしておくとお得です。

「キャンペーンドメイン」をクリックします。

好きな英数字を入れて「ドメイン検索」をクリックします。
既に同じドメイン名が使われていなければ、ドメインを取得することができます。

ドメイン名に間違えがなければ、「キャンペーンドメイン申請」をクリックします。
ちなみに「laclmoney.com」は既に使われていたようなので、「lack-money.com」で申請しました(笑)。

これで独自ドメインを取得できました。

通常申し込みの場合

キャンペーン期間中でない場合は「追加のお申し込み」からドメインを取得します。
「追加のお申し込み」をクリックし、規約を読み「同意」をクリックします。

「新規取得」をクリックし、手続きを進めます。

ドメインをサーバーに登録する

左メニューの「契約情報」をクリックし、契約情報一覧を表示させます。
サーバー契約情報のサーバーパネルから「ログイン」します。

「ドメイン設定」をクリックします。

取得したドメイン名を入力します。
例)「lack-money.com」

入力が終わったら、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

「ドメインの追加(確定)」をクリックして完了です。

ドメインの反映には少し時間がかかります。
今回の場合は、2〜3時間で反映されました(最大で2日程度かかります)。

反映までに「WordPress」をインストールしておきましょう。

XサーバーでWordPressをインストールする

サーバーパネルにログインし、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPressをインストールするドメインを「選択」します。

必要事項を入力します。

全て入力できたら、インストール(確認)をクリックします。

間違いがなければ、「インストール(確定)」をクリックします。

インストールが完了したら、URLをクリックします。

URLをクリックすると、WordPressの管理画面に移ります。
ユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

これでWordPressが使えるようになりました。

ミ☆ Thank you!!

ABOUT ME
たっちゃん
たっちゃん
都内ITベンチャーでWebメディアの運営責任者をしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です